中小企業診断士試験一次試験合格、
企業経営理論受かる勉強方法。

中小企業診断士一次試験 未分類

中小企業診断士試験合格、企業経営理論受かる方法。

今回は企業経営理論合格する

おすすめ書籍と方法について

お話しします。

企業経営理論おすすめ書籍

  • TBCテキスト
  • TAC過去問
  • TACトレーニング

TBCテキスト、TAC過去問、

労働、マーケティングの分野は

分厚いのでテキストはTBC派です。

ストレート合格で挑まれる方は

TACテキストはもうお持ちだと思いますので

そのままいいのですが、

多年度生の方や科目合格狙いの方は

TBCテキストで知識を上乗せして、

TAC生の方よりもプラス8点

取りたいものです。

TAC生の方もメルカリ・AMAZON等で

旧作の企業経営理論のテキストが

安価で購入できるのではあれば

検討してみるのもありです。

(テキストは2~3年古くてもOK)

TACに記載されていない気になる箇所を裁断して

ファイルにまとめて使いましょう。

(※労働、マーケはお薦めです。)

過去問を取り組む年数は5年?10年?

企業経営理論に関しては過去問はTAC書籍5年分でOKです。

難易度ABCランクを重点的にやりましょう。

同友館は10年分あり論点別に整理されており

取組みやすいのですがページ数がP.700を超えます。

「同友館10年分、3周した!!」と、豪語されている方が

いらっしゃいますが知識が蓄積されているのか不安ですし、

時間を取られるなら、他科目に時間を使った方がいいのかも知れません。

過去問ABCランクの取り組み

一問に対して大抵、4〜5択ありますが、なぜ正解なのか不正解なのか

説明できるレベルまで取り組みましょう。

企業経営理論は試験時間は90分と長く

本番での対応力を鍛えなければなりません。

そのために過去問ABCランクの取り組みは必要なのです。

「何周したらいいですか?」と聞かれそうなので

5年分、説明できるレベルまで取り組めば

合格点を取れますし、難化しても50点はキープできます。