国家資格中小企業診断士試験を諦めたら、 仮想通貨勉強を始めて利益を出そうというお話。

中小企業診断士一次試験 中小企業診断士二次試験 仮想通貨 副業

こんにちは、ぺるなかです。

今回は中小企業診断士試験を諦めたら
仮想通貨を始めて利益を出そうというお話です

同じ1000時間以上を勉強するなら
仮想通貨領域に注力してもメリットがあるということ。

仮想通貨取引(デイトレード)は
中小企業診断士2次試験に似てる

仮想通貨は2次本試験の感覚に似ています

あらゆる問題・与件分を類推し
時間内で答えを導く”対局感”が相場上の振る舞いに
類似していると思います。

仮想通貨取引に主にデイトレードですが
思考錯誤をし、利益を取りにいく。
危ないならエントリーを切り、損失を最小にする

そして、勉強する内容は3つです

覚える内容は3つ

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析
  • ローソク足
bitflyer

2022年は上下を乱高下する相場予想です。

バブルは4年に1度とされており
前回は2021年でしたので、2024年で
将来、仮想通貨への知識を備えておけば、リスクはあれど、
利益獲得を目指せると思います。

上級者はショートポジション(売り注文)で暴落でも
利益を得ています。

3つの分析であらゆる局面を想定し、
意味を汲み取って投資するのが
個人的には2次試験に似ていると感じました。

テクニカル分析はこの1冊でOK

24時間、相場を見なくて良い

投資には3つの時間軸を存在する

  • ヨーロッパタイム(17:00~22:00)
  • 米国タイム(22:00~翌6:00)
  • アジアタイム(6:00~16:00)

上記は各国が投資オープンする時間になります。
この時間帯に、仮想通貨は値動きします。
なので、24時間相場に張らず
時間がくれば、エントリーして、利益をモノにする。

ローソク足おすすめ2冊

前回のローソク足を分析し、今回はどのようなローソク足を
作るのかを分析力が鍛えていきます。

ローソク足分析におすすめの2冊です。

株の本なのですが、仮想通貨にでも代替できます

動画に関しましては「FXメガバンク投資講義」さん
の解説動画を見るのも、とてもおすすめです。

ファンダメンタル分析(世界経済)は記事をたくさん読む

私がよく読む記事の2つです
hushhubはブロックチェーンについての基礎知識と
ブルームバーグに至っては、仮想通貨に関連した経済情報を
取得できます。

買いたい”値段”が予測し、アラーム設定をする

これは取引所bybitでのスマホからの画像です。
例えば、仮想通貨40,000ドルまで下落すれば、買いたいので
40,000ドルのあたい値でアラームを設定します

チャートを長く見ずとも、買いたい価格でアラームを鳴らせば
スマホでどこでも購入できます。

おすすめの取引所

仮想通貨を勉強するには口座作成(維持手数料なし)が必要です。
国内ではGMO,海外ではBYBITがおすすめです

まずは口座作って、少額でいいので入金してみましょう。

まとめ

国家資格を目指す勉強意欲のある方は
仮想通貨領域を勉強しましょう。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析
  • ローソク足

上記3つを勉強する。口座を作成して、入金する。
そして、投資をしていくことをおすすめ致します。

今回は以上になります。ありがとうございました