大阪人が面白い理由とは?【幸福度にも関連】

未分類 雑学

大阪人が面白い理由

  • お笑いのインプット教材は吉本新喜劇
  • お笑いアウトプット場所が豊富である
  • お笑いの街だが、幸福度は深刻

歌舞伎家の子供は歌舞伎をするように

大阪の子供は笑いを学ぶ番組として吉本新喜劇があります。

ここでボケ、ツッコミ、ノリツッコミまでを少年期に覚えます。

吉本新喜劇は最強の勉強素材であり青年期にならずとも

お披露目(アウトプット)が始まります。友達同士でのボケ合いや

青年期に入ると、先輩からのボケを要求される事が多く

滑るとこれまた恐怖なので、インプットを磨きます。

家庭でもおもしろいかおもしろくないかで

判断される場合があり、

「勉強せんでも生きていける」とか訳の分からない精神論を植えられます。

そして、話してて、平気で「オチないんかい!」って言ってきます。

こうゆう追い込まれた大阪の子供は続々とお笑いを

生み出す状況下に晒される機会が多いのです。

ナイツのはなわさんが書籍で「大阪のお笑いはサッカーでいうブラジル」だと

書籍で仰っています。

残念なことに、この現象は、大阪の幸福度に反映されています。

【結婚離婚】

相手の所得関係なしで、面白いだけで付き合うと結婚を決断した

夫婦は離婚率は上昇します。

他府県の方は本当に大阪の変ないじりにストレスを抱えることがありますが、

こういった大阪人の背景がありますので寛大になってほしいものです。

大阪の若い方に向けて発信しますが、面白いか面白くないかで、

判断していくと孤独が待っています。

大阪人は勉強できなくても面白さだけで他の人より優位に立とうとしますので

他府県に比べて、大阪人の勉強不足が深刻になり

社会にでると、愛想だけでは生きていけない世の中になっています。

それでもこれからも大阪人を暖かく見守っていただけると幸いです。