【暴落は買いは待て】気をつける仮想通貨投資についての時間軸とローソク足下ヒゲ問題 (3分で読めます)

FX 仮想通貨

暴落時の買いは待て

今回は仮想通貨投資における
時間帯と暴落時のヒゲについてのお話しになります。

目次

投資時間には3つの時間軸が存在する

3つの時間軸とは?

  • ヨーロッパタイム(16:00~23:00)
  • 米国タイム(23:00~翌6:00)
  • アジアタイム(9:00~16:00)

米国にはサマータイムなどあり、大体ですがこんな感じ

アジアタイムは米国タイムをマネる

結論から言うと、アジアタイムは
米国タイムの取引をマネたりします。

例えば、米国タイムで暴落が起きます
そして、アジアタイムに入ります

暴落したのですぐに買う!!のを
待って欲しいのです

しかし、その他、アジアトレーダー達が、
NYタイムの暴落に危険を察し、
自らも売りたくなるということです。

大きい下ヒゲ出現

セーリングクライマックスの言葉があるように
売りはいつか”終わり”をむかえます。

  • 大きい下ヒゲが出現

大きな下ヒゲを出現は
投資家達が、下値で指値の買いを仕込んでいます

そして、チャートが下を深ぼった際に、
約定され、ヒゲという形が残る

下ヒゲが色濃く出ると
BTCは終わりを迎え、上に行く準備をしますので
むやみに売りで入るのはやめましょう

【まとめ】仕込む能力を鍛える

大切なのはテクニカル分析

仕込むという能力を鍛える上で、欠かせないのはテクニカル分析です

FXチャート分析はこの1冊で充分だと思うし
1,320円とお値段も良心的ですね

仮想通貨口座を作るなら

おすすめ過去記事