スマホで見る、中小企業診断士二次試験、口述試験対策、事例2【ポケット要約】

中小企業診断士二次試験 未分類

レンタルサーバー エックスサーバー

【事例2】

本州から離れたX島であるB社のお話ですね。

【B社の強みと弱み】

B社は農業法人で効率的なハーブ栽培方法とZ社との取引が強みであり、

Z社(1社依存)の取引依存と開発力が弱みでもあります。

【B社のメインテーマ、地域活性課題(白書)】

なぜB社とX島のファンにしたいのか?という問題4にありました。

若年層の人口流出や雇用機会不足人口の高齢化、農家所得の減少が理由です。

【課題解決に向けて】

  • 強みの強化、オンライン販売の拡充
  • Z社以外の取引先開拓
  • 自社ブランド製品に再チャレンジ

  • 安眠効果ハーブがOEM会社通じ 20代後〜50代後半女性注文が来た
  • ドメイン の再設定・ヘルスケアに関心を持つ層へ
  • 標的顧客 ・大都市に住む20歳代後半〜50歳代後半の女性

問2 取引先構成の多様化(問・今後望ましい取引構成)

既存取引先Zと継続しつつ、Z社の依存度低下させる。

そのためにはZ社の取引実績※を活用し、安眠効果サプリ原材料を使いたい

というサプリメント取り扱うヘルスメーカーサプリ以外で

アロマオイル・香水を取り扱うOEM企業などを

新規取引先として取引構成に入れる。

※取引実績があると販路開拓コスト削減が期待できますね。

  • 【Q問3-1】B社長は最近、「眠る前に飲むハーブティー」の自社オンラインサイトでの 販売を手がけた、ところある程度満足いく売上があった

【問3−1答え】

ヘルスケア関心を新たなハーブを投入する新製品開拓戦略を行ったこと

(受験校の解答にバラつきがありすぎて口述試験出ない気もします。)

【問3-2答え】

B社社長は自社のオンラインサイト販売、今後もしていく顧客の関与を高める、

顧客参加型のマーケティングを行う。新作のハーブ入りの焼き菓子の

試作品の情報発信や双方向が対話できる掲示板の充実を図ること

  • 【問4】B社社長は、自社オンラインサイトのユーザーに対して、X島宿泊訪問をツアーを企画することにした。社長は、ツアー参加者には本門を機にB社とX島のファンになってほしいと願っている

【B社や X島のファンを作る施策】

農業体験、ハーブの工場見学ツアー、料理教室

X島の住民との交流を通じてファンになってもらいたい

という軸で2分程度、試験委員に話せたら幸いです。

レンタルサーバー エックスサーバー