【スマホで見る】中小企業診断士二次試験口述試験対策・令和2年度事例1【超要約・後編】

中小企業診断士二次試験 未分類

こんにちわ、ぺるなかです。

ストーリーでみる令和2年度事例1です。

【スマホで見る】中小企業診断士二次試験口述試験対策・令和2年度事例1【超要約・後編】

前編に引き続き、後編の段落9以降と問3、4となります。

前編まだの方はこちら

段落9以降からまとめます。

【多面的な採用窓口の強化を図った】

・酒造以外、各部門責任者に、中途採用配置した。・現場スタッフには

地元の学生A社長はこれらの社員と一緒に能力を強化しました。

【若き執行員の登場】

インバウンドの機会で売上好調し、地域の魅力に引かれて、

長期滞在してきた外国人数名採用を行う。

A社長の右腕である若き執行員(営業最強!)は

この若き執行員は血縁関係なく、従来のルートセールスを抜本的に見直す。

そして、ベテラン従業員から若い総務部責任者の女性社員に

知識や経験を受け継ぎさせ情報システム化した

■最終段落

【祖父の経験や勘をベースの人事管理を脱却】

老舗ブランドと新規事業プラス優秀な人を活用融合させ、

地元経済の活性化にも貢献できた。しかし企業グループの

さらなる成長を考えれば人事制度の整備は必須である。

事例1の文章は以上です。

続いて、問題文の整理【問3以降〜】※問1、問2は前編へ

【問3】若き執行員は部下の営業担当者までどのような能力を求めた?

与件文にもある通り、【橋渡し役】な役割です。

インバウンド向けに対して外国人の提案販売の強化

取引先との酒蔵の杜氏さんと橋渡し役になって200年続く老舗ブランドを

情報発信力・伝達力を強化していく。そのために情報収集能力も鍛えていく事。

問4 最終問題【グループ全体の人事制度確立のために留意することは】

評価と配置面 正規、非正規、女性、外国人に対しての公平性、透明性および

グループ全体を考慮した多面的な配置すること。

能力面は営業提案力、酒造り強化のため、OFF-JT、定期的な研修でしょうか。