人生は暗いは会社からの、洗脳である
【結論・少しは休もう】

生き方

https://business.xserver.ne.jp/

人生は暗いは洗脳である。

  • 鼓膜にネガティブ情報いれてくる人を回避する
  • 親が毒語を吐いてきてもありがとう
  • 自分がどうなりたいかそれだけ
  • 人生100年時代、少しは休もう

鼓膜にネガティブ情報をいれてくるひとを回避する

ほとんどの会社員は住宅ローンなどの莫大な借金を背負ってて

上司に怒られないように生きていく生活に必死である。

訳のわからないマナーを振り込んできたら、秒で転職することを決意する。

親が毒語を吐いてきてもありがとうという

勉強してこなかった親が、この暗い世の中を生み出している

反発すると、争いが生まれるし、親の価値観が変わるはずもない。

嫌味言ってくる、上司や友達にもありがとうのマインドです。

あなたは次に進みましょう。

・自分がどうなりたいか人生それだけ。

「ずっとやりたかったことをやりなさい」著書では

毎日モーニングノートを書いて、

頭のモヤモヤをノートに書いて悩みを解決させる。

ランニングしたりジムに通う(鉄アレイ買うでもOK)

ポジティブなる習慣を作り続ける。

人生100年時代なんだから少しは休もう

学校、会社行かない者が悪の風潮になっているけど、

少しぐらい休んでもいい。成果が出ようが出まいが諦めなかったらOKです。

そもそも論ですが、学校に行かなくても良い、

勝手に12年間も習慣教育を義務づけられたら

社会に馴染まないと行けないと洗脳される。

孤独を勉強しましょう。