その資格勉強は本当にやりたいモノなのか?  【結論・飽きたらその資格勉強は止めるべき】

LIFE 大人の資格関する方法術

【勉強やめたい方、再挑戦向け】

こんにちは、ぺるなかです。

今回は、

いま目指している資格勉強は

本当にやりたいものなのか?

について、お話いたします。

資格勉強は飽きたら止めましょう

勉強に関してのツイート

人生で、5つことしか極めれない

「燃えつきるまで」

ひとつをがんばったのなら


おのずと、2つ、3つ目も、

頑張れるはずです。


この1つめの財産はを大事に
2、3つ目も挑戦できるのです。


この1つめの勉強した財産をカテに

つぎへ進みましょう!

さすがに「飽き」の前に燃えていなかったら別話

林修先生の言葉が本質をついている

  • いま頑張れない人が、いつ頑張れるのか

さすがに1年、

勉強を頑張れない人は

さきほど、申し上げたとおり

2、3個目も厳しいと思います。

1個目は燃えるまでやり抜きましょう。

不合格の本質

  • 試験の難易度が上がった
  • 人気で競合し、あなたがハネられた
  • 勉強の着手日が遅かった

それ以上に

その他の受験生の

もともとの能力値が高く

簡単に追い抜くことができなかった。

そして、先行して合格枠を取られたと

いうしかないです。

残念ながら、あなたの資格試験に注いだ熱量よりも

そもそも論で、他の受験生にうわまわれていたと

いうことです。

しかし、これはいかしかたないことです。

会社の資格支援は無駄であるということ

会社で取らされている

資格試験は

ほぼ無意味です。

  • ○○資格の勉強する時間
  • 会話する時間を思考する時間

含めたら、時間は物凄く
搾取されていると思います。

落ちてもクビにはなりません。

申し込みするフリをして

副業⇨独立意識した読書・勉強していた方が

よっぽどマシだと思います。

今回は、その資格勉強は本当にやりたいモノなのか?

という点でお話させて頂きました。

最後まで、ありがとうございました。