【結婚しない生き方】30歳を後半に迎え、結婚を諦めた話。世間の当たり前が変わった、新しい生き方。

LIFE

今回は、30代も後半になり

結婚を諦める、または、結婚を選択をしない

生き方について書きました。

前半、ちょっと毒舌かもです、すいません。

先日、こういったツイートをしました。

結婚思考をやめて、他人の中で生きない。

結婚してないだけで差別にあうことも

学生時代の仲間との会話が定型文になってきた。

飲みの席に出かけても、

  • 結婚しないの
  • 彼女・彼氏作らないの?
  • 誰かいい人いないの?

このような定型文(言葉)に遭遇する確率高く

年齢を重ね

結婚の有無だけで、

人として見下されることも

少なくありませんでした。(毒は以上です。)

理由・社会システムがおかしいの一つある

結婚を勧める、学校教育や交際を勧める学生友だち。

  • 学校教育は誰々と付き合ったが交際ではない「学生」よりも「学性」がほとんどで、性競争に巻き込まれてきた

どんなけ勉強やスポーツが出来ても
彼女や彼氏の有無が

人を判断されるのは

しんどいですよね。

そんなのはもう「無視」で成長する。

リモートワークでそういった定型文の会話がなくなった

アフターコロナ以降もオンラインで活動したい

コロナの影響下の中で
オンラインでの活動が多くなり

営業活動をしていた、

私は雑談の必要がなくなり、

とても楽になっています。

  • フリーランスの無料相談登録はこちら↓↓↓

人に依存しない、自分主体で生きる

2040年は独身が人口の半分を占める

  • 2040年には独身が人口の半分になり一人で生きることが当たり前になる社会である。
  • 「一人で生きる」が当たり前になる社会

もちろん、オフラインのコミュニケーションも大切ですが、
結婚の話を占める割合は少なくなります。

勉強してこなかった人たちが
あなたが結婚してないだけで、
見下している世の中には
この先も変わることはありません。

世間の当たり前が変わった。

子供がいていない家庭の方が幸福度は高い

こちらはプレジデントオンラインの記事になります↓

https://president.jp/articles/-/45525?page=1

子供さんを育てる、既婚者の方より、
子供さんがいらっしゃらない方が
幸福度は高いみたいです。

主婦の仕事は大変素晴らしいですが

コロナ禍の状況下、

旦那さんの収入が変動しやすくなり

子供さんが大きくなってから
パートに勤め出すという

考え方は
安易では無くなりました。

都会で披露せずに地方で生きる

もちろん、地方が家賃も低いですし、

料理が安くて、美味しい。

実家が持ち家で家族関係も

悪くないのであれば

実家に居座るのもありです。

オンライン、フリーランスに世間体は皆無です。

世間体を気にしなくて済む時代へ

2025年は人は物を買いに行かなくなる

次世代はドローンで
食を運んでくる時代もそう遠くないはずです。

孤独死するのは元既婚者である

孤独死するよと良く言われるが
孤独死しているのは元既婚者である。

パートナーが死別すると、

ひとりでは生きていけなく、寿命が

短くなると言われている。

上記の、「一人で生きる」が当たり前になる社会の書籍で

描かれています。

結婚以降も考えると幸福度はまた

変わってくるのかも知れません。

成長した中でのコミュニティで生きる

読書をしている人、
インプットを欠かさない人に
私はバカにされたことがありません。

○歳までに結婚するという概念は
止めて、自身の成長に応じた人との

出会いを大切にし、

そこで結婚の「選択」を考えたいものです。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • フリーランスの無料相談登録はこちら↓↓↓