中小企業診断士試験、一次試験を目指す皆さんへ【12月の過ごし方。】

中小企業診断士一次試験

  • 複数のテキストを持たない
  • 情報を取入れ過ぎない
  • 二次対策の勉強会に参加する

来年オリンピック開催されるのか分かりませんが、

例年で行くと、7月上旬の試験開始が妥当だと思います。

勉強初学の方でストレートを目指す方はより良い

スタートダッシュを切って欲しいものです。

12月に二次試験の過去問を一度解いてみてほしいですし、

・複数のテキストを持たない・情報を取り入れ過ぎて不安を解消しない。

一次試験のテキストの出版は各社によってページ数など

情報量が違いますが、ひとつのテキストを信じて行いましょう。

現在、一次の受験校を通われている方ならば、経営から財務を受講を終わったと

ころでしょうか財務は得点源になりますので

過去問(正答率ABCランク)を一日一問解くといいです。

経済もはじめの方は大変ですが、慣れてくれば財務と同じく

得点源にできる科目です。

これから経済や情報、法務、中小と佳境に入っていきますが

3月からの直前期に一科目1時間で解ける過ごし方、

スケジュールを考えて行きましょう。

・二次対策のために勉強会に参加する。

大手の受験校などの勉強会に勇気を持って参加してほしいのです。

受験を目指してる方は、優しい方が多く

合格後もよりよい関係を築ければ、

受注を回せたりするのでメリットはたくさんあります。

■最後に

本当にこのコロナの状況下で中小企業診断士試験を目指すみなさんは凄いです。

近所の公共施設などの勉強場所がたくさん無くなって大変だと思いますし、

自宅で、育児をしながら、働きながら、常に頭の中が

マルチタスクになっている方、

苦労は必ず報われます。がんばってください!