【令和3年度事例2】令和3年度事例Ⅱの出題企業を予想してみた。(店舗型・伝統を活用する企業)【中小企業診断士二次試験対策】

ポケット要約 事例2 中小企業診断士二次試験


【中小企業診断士二次試験】令和3年度事例Ⅱの出題企業はプル型?プッシュ型?(店舗型・伝統を活用する企業)

こんにちは、ぺるなかです

今回は令和3年度の事例2を

予想してみたというお話しです。

プル型企業?プッシュ型企業?

プル型、プッシュ型

プル型はもちろん

小売やサービスで店舗販売で、

プッシュ型

主に伝統の力を活用して自社サービスへ

引き寄せ

売上をあげるという企業です。

令和2年度ハーブ業・(プッシュ型)

令和2年度は
ハーブ無農薬栽培・出荷業で、
本州から離れたX島を拠点にし、

島の観光客に対して

どのようなサービスを提供し

B社またはX島をファンにするのかが

論点でした。

令和元年度はプル型(ネイルサロン)

令和元年度は

完全予約制のネイルサロン業で
店舗型での出題です。

B社長のネイル技術力やSNSを活用し
人を呼び込むのかが課題でした。

令和元年度のふぞろい(合格再現答案)はコチラ↓↓

平成30年は温泉サービス業(プッシュ型・伝統)

平成30年は温泉観光業
R2年度と重なり、地域の祭りや

英語を堪能する従業員を使って

インバウンド客を呼び込む、プッシュ型でした。

  • プッシュ→プル→プッシュ(H30)
  • 令和3年度は→○○型??

次に考えられる構想

本試験は実在企業に取材している

二次試験は実在企業に取材を行い

中小企業のいろいろ問題課題・数字変更を行い

出題されます。

コロナで観光業は大打撃

今年度はJTBも過去最大の赤字幅で
場所によっては壊滅的でした。

何百年と続く、都道府県の

伝統行事が使えない。

その観光業に取材できるかが疑問

このコロナの状況下で、
店舗型、観光型
どちらの企業に取材できるのかが
疑問に残ります。

令和3年度は
令和二年度や平成26年のバスツアーなどの
旅行傾向で出題するのは難しい?ので

店舗型のプル型企業に重きを置いても

いいのかも知れません。

(全てプッシュ型を回避するのはダメです。)

令和3年・オンライン・アフターサービスは重要

令和三年度の対策としてオンラインサービスやBtoCに対しての

宅配サービスで関係性を強化するなどは

過去問で重要度が高いのかも知れません。

今回は以上になります。ありがとうございました。

ふぞろい10年分はコチラ(平成28年以前〜)↓↓↓