【中小企業診断士二次試験】白書からマナブ高得点になりやすい解答【白書・海外進出への課題】【平成24年度,事例1出題あり】

中小企業診断士二次試験

中小企業診断士二次試験、
点数が入りやすい解答とは?

こんにちは、ぺるなかです。

二次試験について

白書を意識した

解答を心がけるというお話をします。

白書は社長ニーズの集合体

(例)海外展開における課題

中小企業社長に対し、

海外展開における課題を聞いた

解答の順位を見てみます。

  • 1位・現地でパートナーの確保
  • 2位・海外活躍するでの人材育成・確保
  • 3位・現地の市場・制度の調査

このようなニーズのランキングを

意識して回答を準備しておくのが大事です。

H24年事例1・海外進出

H24年事例1に海外進出について

出題されました。

  • 問4(略)A社では海外工場に人材を送り込んでいるが、どのような役割、能力向上をさせていくか。

A社社長が困っていた事を克服

  • リーダーシップの能力を求める
  • 品質管理を意識づけ

再現答案を見ても

上記の軸の解答が加点されたと予想されます。

しかし、八年前の二次試験にもなると

与件文に課題がかかれていたので

解答は書きやすかったのが本音です。

近年は試験対応の難易度が高い

近年は与件文に書かれていなく

もう一度言いますが、

類推して答えを用意しておく

必要性があります。

類推して解答を描く

A社が海外進出する留意点は?

  • ①現地でパートナーの確保
  • ②海外活躍するでの人材育成・確保
  • ③現地の市場・制度の調査

A社長の求めているものが

与件文になければ

上からの順位が点数の方が

得点配分が高いと予想されます。

A社長の求めるものプラス

白書をテーマを盛り込むと

答案の質は高まります。

問われる答えを用意しておく

2次試験よく出る【疑問文】言葉

  • メリットは何か?(以下同文)
  • 効果
  • リスク
  • 留意点
  • 求める役割

文字数ごとのマイベスト解答を作成。

解答で聞かれる文字数は20字、40字、60字

各文字数ごとのベスト答案を用意しておきましょう。

そうすれば、本試験で焦ることなく

挑めるでしょう。

必ず注意すべきこと

A社がもうすでにできている内容と同じことは絶対書かない

 A社ができている・行わない内容(例)

  • 販路開拓は成果が出た!
  • 海外での販路開拓はX社を活用する
  • 海外拠点の設立は負担があるのでできない

等、文章が盛り込まれていれ、
「もう、A社ではやってます!」という
記述を無視して

同じ内容を書くと

大きく失点してしまいます。

令和3年度の対策として

設問文にはより複雑な内容が多く

受験生を戸惑わせる内容が近年多くっています。

白書の読み込み、過去問の与件文の読み込みで

対策を心がけましょう。

今回は以上になります。ありがとうございました。

ブログ村バナークリックして頂けると

とても励みになります!↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
診断士としての読む力↓