中小企業診断士試験、二次試験受験校AAS 評価・口コミレビュー 【メリット、デメリット】

中小企業診断士二次試験

こんにちわ、ぺるなかです。

中小企業診断士二次試験AASレビューを行いたいと思います。

  • 【メリット】
  • AASメゾットは体現しやすい
  • 直接注意されるので本番ミスしない
  • 演習が難しいので本番焦らない
  • 【デメリット】
  • 講師によって添削のバラツキがある
  • 他の受験生に時間を取られる
  • 料金が高い

AASメゾットは体現しやすい

簡単という言葉には語弊がありますが、他社の予備校に対して

体現しやすく一番、時間がそこまでかからなかったのが印象です。

演習量も適切で、働きながらでも合格レベルには達しやすいです。

よく演習量が多い=受験校が充実していると思いがちですが

本番まで全ての演習をカヴァーするのは大変ですので

演習量で受験校を選ぶのは止めましょう。

直接指摘されるので本番はミスしない

合格するには与件文から忠実に書くことが大事なのですが

やはり自身が覚えた知識を軸に書きたくなり、

出題者に聞かれていることを無視した回答を書いてしまいます。

AASではこの点、強く注意されるので本番でリスクの高い回答を避けることができます。

演習は難しいので本番焦らない

AASの演習は難しく、私自身、良い成績を出せず順位も下の方でしたが

演習では何回も何回も指摘受けていたので、

本番は焦ることなく対応できたことです。

添削(赤ペン)のみでチェックされる通信とは異なり、

一度間違えたことは本番でやらなくなるので、とても助かった部分です。