【令和現代の生き方】辛い社会を逃げながら応援する。【自己愛は疫病である(書籍・愛するということ)】

LIFE 生き方

令和現代の生き方

こんにちは、ぺるなかです。

今回は、「辛い社会を逃げながら応援する」という話です。

少し日本語があれかもですがご自愛ください。

熱を注ぐ場所を間違えない

  • 情熱に従った先に、失業が待っている(FIRE)

曲や自己啓発本で情熱をもらって

社会と闘うけど、その先には

失業が待っています。

いち個人ではなかなか倒せないのがこの社会です。

  • 自己愛とは疫病である(愛するということ)

いよいよ、逃げよう。

いよいよ逃げましょう。

仕事できない上司に褒められるよりも
自分自身でフリーランスで初報酬が発生したときの方が
何倍も嬉しかったりします。

なぜ、うまく行かないかを考えるなら
どうすれば人を応援し、魅了できるか
考え方を変えると、心が豊かになります。

先日こういったニュースを見ました。

コロナの状況下、電車に乗る通勤客を、河川敷から応援して行く

たぶん、この人たちが応援している状況は

嫌なことは何も考えないですよね!

与えるという思考法で、

インプット、そして、アウトプットしていく

人も叩かない

ニュース芸能人を叩く時間を奪われている

ニュースを見て、人を叩いてる時間を奪われストレスも溜まる。

そして、お酒を飲んで鬱になる。

インフルエンサーや推しの意見に依存しない

  • 推してる歌手やインフルエンサーが言ってることに従って、生きない

あなたが推しているヒトの話を、なんでもかんでも鵜呑みにすると

間違った方向に進みます。あなたの道はあなたのみぞ知る。

いよいよ、自由になろう

ライター、プログラミングでも動画編集でも
なんでも良い。1,000時間勉強した事実があれば必ず変われる

TechAcademy [テックアカデミー]