『大学生向け』これからの就職活動理論。

未分類

『大学生向け』これからの就職活動理論。

自分自身の商品をどこの企業にぶつけるか?

アメリカ人はそもそも暖かい飲み物を

好まないのにアメリカではスターバックスは繁盛している。

商品ではなく、安らげる経験を提供している。

もしかしたら、自分の能力に合う会社は全然違うところにあるのかも知れない

自分自身をどこの領域にぶつけるか人事のプロといえど、将来の夢は

人事採用をしたい子供はいないのでその人を過度に見上げる必要もなく

新卒社員の若さが社長の報酬よりも圧倒的に魅力的です。

リモートにマナーもクソもないし、お茶の置き方や挨拶の曲げる角度も、

ビジネスマナーは既に崩壊している。

製造、販売、物流業以外でリモートを取り入れていない

会社は少なくとも成長企業ではありません。

報われるのにはまず『違和感』を覚えること。

通勤のために電車や車に乗る。このコストに早く『違和感』を感じること。

アルバイトやこの生活から抜け出す事を感じるために勉強し『違和感』を

知る事で勝つために情報を得る。情報を得るために書籍に投資する。

情報があるから搾取されない、情報があるから依存もしないし

裏切られるダメージも少ない。インフルエンサーの言葉も理解できる。

大人からの訳のわからないマナーにストレスを溜めずに

突き進んで欲しいものです。

本当にいまやりたいことが見つからない0→1の状態なら

自分自身の占いに書かれてる適合職種を片っ端から調べていくのも

ありです。理由もなく『ないわ。』は禁句です。