中小企業診断士二次試験対策としての読む力の必要性【アウトプット術】

中小企業診断士二次試験

中小企業診断士二次試験対策としての読む力の必要性【アウトプット術】

こんにちわ、ぺるなかです。

今回は中小企業診断士二次試験として「読む力」の必要性というお話です。

『読む力』はひとつひとつ、二次試験の過去問の与件文をよく読み

単語の意味を理解してい必要があります。

  • 過去問を『声』に出して読む

過去問をファイルやタブレットにまとめて

音読することでひとつひとつの意味を理解していく。

二次試験でよくでる単語『移管』、『模索』

  • 「移管」(事例1)¨【考えられる思考法】事業部を切り離して、事業部門の一体感を高めたいのか新しい技術の専門性を図りたいのか(類推する) 「模索」(事例3)【考えられる思考法】成長戦略を考える。 新規製品開発なのか、新規の多角化が必要なのか(類推する)

二次試験勉強初期に僕は間違えていたのですが

二次試験のテキストを「暗記」してしまうのではなく

どのように本番で使うのかを思考力を鍛える必要があることです。

過去問から考える

競合他社の参入により低価格になり… (脅威だと類推)

新たな技術を必要としている… (機会と類推)

新規市場の参入の多角化を図ること。(強みとVRIO分析を生かす多角化戦略)

このように与件文の意味を理解しながら『考える力』を強化する。

このような『アウトプット術』で思考力を鍛えると、

テキストで行うインプットより本番で使う応用力が鍛えれます。

  • 夜中に音読
  • 公園で歩きながら音読

僕は図書館が開館するまでの時間に公園で歩きながら

音読して、アウトプットし言葉の意味を理解しようとしてました。

余談ですが、30分以上の散歩は腰痛に良いみたいです。

自由テキスト